Page: 1/1   
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
かさかさの原因、角質について
角質と文字に表すと、本当に硬い!といった雰囲気ですよね。
硬タンパク質の一種である「ケラチン」という成分で構成されているのが角質です。

動物ならば、鳥のくちばし、牛やサイの角は、この硬い角質によって出来ています。
人間の場合ならば、腕のヒジ、脚のヒザ、そして、かかと などに強固な角質化が見られます。
 
ところで人間の皮膚は、絶え間なく細胞分裂を起こし新しい皮層が生まれます。
そして古い皮膚は、表面へ押し上げられていく仕組みになっています。
最終的に、一番表面に出てきた層が、細胞活動を停止し水分を失い角質化していきます。

いわば、死んだような存在の皮膚層が角質なのですね。
その多くは、硬くなって皮膚表面に居座らずにはがれていきます。
垢などがそれで、たとえば顔やお腹の場合は、ガチガチに固まる事は稀かと思います。

ところが、ヒジ、ヒザ、かかと といった部位においては、
頑固に角質化を推進し、肌にこべりついて強固なものとなっていきます。

それはなぜ?

角質にも良い所があり、外部からの刺激や衝撃から、
柔らかな肌(真皮)を守ってくれる役割があるのです。
ヒジ、ヒザは、頻繁に曲げたり、様々な作業をする時に刺激・衝撃を絶え間なく
受けている箇所です。
また、かかとは、特に歩いたり走ったりする時には、相当な衝撃を受けます。
なので、角質がたまっていく傾向にあります。

しかし。

そうは言っても「古い角質のたまりすぎ」は、あまり好ましいとは思えません。
見た目もあまり良いとは言えませんし、
新陳代謝がうまくいかず、お肌の不良の原因にもなります。
ですので、日常的な角質ケアが必要となってくるかと思います。

***********************************
やせるダイエット完全実現ノウハウ
http://dietsun.blog102.fc2.com/
***********************************


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/
| expedition080 | 17:37 | - | - | pookmark |
高校生が眠いのはホルモンと環境が原因?豪研究報告
頭のいい人の短く深く眠る法
「年とともに頭が良くなる人」の習慣
不眠症が治る本
頭と体が強くなる四時間短眠法
週3回「遅寝早起き」で人生がうまくいく
あなたを変える超「熟睡短眠」法
気持ちよく眠って、スッキリ目覚める本
あなたを変える超「熟睡短眠」法
| expedition080 | 10:34 | - | - | pookmark |